心身ともに健康ケアサポート情報
☆テレホンレディ☆初心者歓迎
パソコンや電話を使ったお仕事
最大時給8,000円以上可能

出会いといえば、ワイワイシー

  [看護師・介護求人/募集]
国内求人数約14万件の【ナースエージェント】
 介護求人/医療福祉情報満載

心身健康プログラム   心のケア健康ヘルプサポート記録トップページ
心のケア健康サポート
過換気症候群/軽度隠れ過呼吸は気分変調症の可能性有/過呼吸とうつ病/過呼吸関わりと接し方/過呼吸の予防法/過呼吸の体験談(受診は心療内科・精神科です)/(パニック発作・失神で意識喪失記憶障害で救急搬送もある)発作が無く隠れ軽度過呼吸/必ず完治(治る)する体験談/過呼吸の対処法ペーパーバッグ呼吸法は、痙攣発作やパニック発作(症状)などを招く事もある

恐怖症、パニック障害、過換気症候群(過呼吸)、気分変調症などの軽い症状だけでは精神障害年金受給は難しいです
[PR]鬱病(うつ病)など精神の病の方向け療養術
障害年金受給マニュアル(冊子版も発送されます)


過呼吸症候群(過呼吸)とは
過換気症候群は「過剰換気症候群」とか「過呼吸症候群」とも呼ばれています。緊張、不安、興奮、恐怖などの強い心因性ストレス要因や疼痛、疲労(過労)などの身体的要因により発作的に速い呼吸をして、深い呼吸で苦しくなります。
また災害被害や交通事故などでショックを強く抱え込んだりした場合でも起こる場合があり、過呼吸は心身症、うつ病、統合失調症、PTSDなどの不安障害全般の症状として現れたりもします。
 不安障害、精神障害は、トップページ
 意識レベルについて

 統合失調症と共に歩む会】薬に頼らずに改善する方法

過換気症候群の主な症状としては
・息苦しさ ・深い呼吸で速くなる(25回/分以上)・胸部圧迫感や痛み
・動悸・めまい・手足や唇のしびれ・体のふるえ・けいれん・意識消失(稀に)失神して記憶障害があります。(意識障害・記憶喪失または腹部膨満)
突然にパニック発作やけいれん発作的な過換気運動(過換気発作)を繰り返すことにより、心身両面にわたる多彩な症状を呈する機能的疾患です。不安障害に分類されている病気で過呼吸が起きる可能性はあるようです。軽度の過呼吸は気分変調症と診断される場合があります。

過呼吸症候群の症状とは
過換気症候群(過呼吸症候群)とは、不安障害ではなく体内で過換気運動によって引き起こされる症状です。しかし、さまざまな精神疾患のよりその症状が出る場合もあります。
また、強度な心因性のストレスが関わっている場合もありますし、自分では原因が覚えもなく気づくことのない過呼吸もあります。
職場環境や人間関係で、軽いストレスが継続して症状がなく、知らず知らずに呼吸が変だった(呼吸不安定状態)ということもあるようです。
(*最下記参照/軽度気づかない見逃される過呼吸)

発作時には、実際は過換気運動を繰り返しながら、患者さん自身は空気を吸い込めない吸気不全を感じます。
(軽度過呼吸の場合、少し口を開けて呼吸をしているが安定していない場合など)
また、胸部絞扼感(胸がしめつけられる)、眩暈や立ちくらみ、だるさ、疲労感、四肢または全身のしぴれ、けいれんを伴った極度の不安状態に陥り、失神する場合さえあります。
そして神経筋症状(頭痛、めまい、しびれ、振戦、けいれん)など全身の多彩な症状を呈して、「死ぬのではないか」という不安感を伴う場合もあります。
過呼吸の発作中には、血液の中の炭酸ガス(二酸化炭素:CO2)が低下(不足)しているといわれていますが、発作のない時の身体検査では、その原因となるような身体の異常はみつかりませんし、過呼吸が起きた状況でもどのような検査をしても異常は見られません。
「心身症」の代表的疾患の一つともいわれます。
血液内の酸素を測定しても、血中酸素飽和濃度O2(SPO2)が不足している事はありません。
 SPO2(血中酸素飽和濃度)について
過換気症候群では、SPO2は正常値90%以上ありますが呼吸数は早くなり26回以上
 意識レベルについて

パニック症状(障害)やヒステリーに合併することも多い
思春期以降に多くみられ、20歳前後に最も多く、男性より女性に約2倍多くみられます。青年期以降に多くなり、中学生や高校生頃から、特に女子生徒の間に見られます。過呼吸を見た周囲の女子生徒の中で集団的連鎖により過呼吸を起こす生徒達もいるようです。
不安感やストレスを無意識に感じている時期、周囲にいて「自分も同じかも」と感じてしまう場合もあります。ストレスや自律神経失調症、心身症などと関係の深い症状で、他の精神疾患との関わる場合もあるようです。
小学生、中学生、高校生は「注目して欲しい」というサインとしても症状を出すことがあります。また主として心因的ストレスが原因です。子供から高齢者でもストレスを回避するために、ヒステリックになり興奮しヒステリーによって逆ギレしてしまう可能性もあります。
対人関係(人間関係)、強度な不安感、過度な学習、過度な労働、昼夜逆転の生活(夜勤が続くなど)、家族や恋人の死別反応、死体や遺体を見たときなどのショック、看護学生や看護師(医療従事者関連)など、他にも人それぞれ違う場面に遭遇したとき、一時的なパニックをおこし、長期的になると呼吸が不安定になり過呼吸症状が起こりうる可能性はあるかもしれません。
一般には、不安・不満・葛藤などの心の問題がもとになって起こります。
それに、自律神経系の異常、呼吸を司る呼吸中枢の異常、呼吸感覚の問題などに関係して、症状が起こると考えられています。
また様々な症状の原因としては、速くて深い呼吸を繰り返すことにより、血液中の炭酸ガス(二酸化炭素:CO2)が極端に減少して、血液が強いアルカリ性(アルカローシス)となることが挙げられます。
重症になると意識障害が起こり、脳卒中や心筋梗塞などと間違われることもあるようです。

 パワハラから人事異動で脱出する方法

■視力回復・緑内障回復プログラム
 視力回復&脳活性プログラム「アイアップ!」
 視力治らないワケ
 視力回復3ミニッツわずか3分!自宅でできる視力回復法
 緑内障5アプローチ自宅で出来る!緑内障改善プログラム


ヒステリーとは
ストレス場面での不安や葛藤に際し、無意識のうちにそれらを回避しようとして起こる転換現象で、歩行障害、視聴覚障害、意識や記憶の一時的消失など、さまざまな症状が現れますが、一般的な検査をしても、身体的な疾患はみとめられません

■過呼吸の対処法・まずは、ゆっくりした呼吸を心がけます
吸ってから一度息を止め、ゆっくり深く吐き出しまた吸う、と意識します。紙袋やビニール袋で口を覆い呼吸して血中のガスバランスを中和する方法
ペーパーバック呼吸法

■■■ 注 意 ■■■
●紙袋やビニール袋でのペーパーバッグ呼吸法もありますが、かえってパニック症状を招き悪化する場合もありますので注意が必要です。
(ペーパーバックは口に当てる場合と少し口から離して行う場合があります)

ペーパーバック以外の過呼吸(過換気)発作に対応法
口を閉じて鼻だけで息をする感じでの@「ゆっくり呼吸」を試してください。(肺呼吸)
また、A口で深い「深呼吸」を何回か行うことなどがあります。(肺呼吸)
また、軽い症状であれば、B言葉を出し話をする事でも楽になる人もいます。
@ABで最初の10〜20分やり過ごすと、楽になるようです。
過呼吸の対処方法は、人それぞれの症状や体質などで、変ります。
よって、自分自身が一番楽になる方法を見つけられると、良いかと思います。
最終的には強い不安感がからのパニック発作では抗不安薬、軽度の不安感と身体面でのけいれん的な場合は抗けいれん薬での処方薬で薬物療法があります。薬物療法には医師の診断が必要ですので、医師と相談してください。また薬によって効果が無い場合は、きちんと必ず医師に話して処方薬の変更を相談してください。過換気症候群(過呼吸)では失神する場合があり稀に意識喪失記憶障害で救急搬送もありえますが、特に過換気症候群では、クラブ活動や趣味/適度な運動をすると共に日常生活のリズムを整えると治るようです。

過呼吸の予防法(日常生活を充実させる、特に運動)
(1)睡眠(不眠)について
ストレスがたまってくると睡眠に症状が表われやすくなります。
「なかなか寝付けない夜中に何度も起きてしまう」
時間的には足りているはずなのに「寝た気がしない、夢ばかりを見る、朝早く起きてしまう」などです。決まった睡眠時間はありません、人それぞれ必要な睡眠時間はあります。自分にとって最適な睡眠時間を確保することが必要です。
朝型、夜型など言われることもあるでしょう。自分にあっていて生活(ライフスタイル)が崩れなければ良いのです。仕事で夜勤をされている方、お付き合いなどで、夜遅くから休息をとられる方などでは、崩れやすくなってしまいます。自分にあった睡眠時間を持てるよう、考えてみてください。
  睡眠障害になりやすいので、要注意です。
(2)体調について
体が健康で元気に満ち溢れていれば、ストレスへの抵抗力も高くなりますが本当に健康といえる人は多くいないように思います。日常生活に支障のない健康を保持していく努力をすることは大切です。体力的に身体が弱ってしまうと、様々な病気になりがちです。
「少し疲れているかな」と気づくようであれば、いかに休息をとるかを考えることは必要です。
体調とは、身体だけではなく、精神への影響もあるのです。気分が低迷して、体のだるさ、精神的にはイライラと情緒不安定になる場合があります。精神は体力への影響力は強いものですから、こちらも対応していく必要はあります。どんなときにどのような症状が出てしまうか、自分で知ることは大切です。体調のバロメーターとして知る努力をしてみるのもいいですね。体調の変化を感じたら、病院へ受診した方が良いと思います。
(不安感はストレスになりやすいので早めに対処すべきかと思います)
(3)食事について
3食きちんと、栄養バランスを考えながら、おいしく食べることが健康的な生活の理想でしょう。かたよった食事や不十分な食事、不規則な食事はストレスに対応する力を弱めてしまいます。良い食事をする事とは・・・「食欲は心身の健康のバロメーター」にもなります。おそらく誰もがその理想は知っていると思いますが、その理想へ向かっていこうとする人は少ないかもしれません。あきらめてしまう事は多いと思います。食事は、単なる栄養補給ではありません。バランスの良い食事:3食きちんと摂取しましょう。
誰かと「だんらん」を楽しみ、味わい、リラックスする場でもあるのです。なかなか、家族団らんは持つことのできない次代かもしれませんが、食事を一緒にすることは努力次第でできるのです。毎日しなければならないというわけではありません。 今週の何日と決めてみてもいいと思います。テーブルを囲むと、お互いの顔を見ながらでも、健康状態、精神状態はなんとなく観れるものです。なんとなくで良いと思います。
気になることが少しでもあれば、その後につながってくるのです。親子、家族でのコミュニケーションは言葉だけではありません。表情もコミュニケーションの一部なのです。
食事の内容、食事の場をもう一度、見直してみてはいかがでしょう。
(4)学校・仕事について
学校も仕事も、成績が良く、人間関係が上手くいっているときはストレスもたまらないでしょう。しかし、常に満足できることはありません。どこかで、自分の意に反することがおきています。成績でも、自分はできたと思っても、成績が悪かったり、人間関係でも、表面的には良くても、陰口では、正反対のことを言われたりなどあります。学校は学校、仕事は仕事と割り切れると良いのですが、家庭やプライベートの延長になりやすいようです。学校と仕事、遊びや趣味は明確に区別し、ON,OFFの切り替えができることが必要になります。日々の行動や言動、考え方の中で、すべて重ね合わせてしまうとストレスがたまりやすくなります。学校や仕事、遊びや休息のバランスを保てることは大切です。どのようにしていくかは決まっているものでもありません。
今自分と向き合い、何かに気づくことが必要です。ストレスがたまってしまうとなかなかできません。そんな時、冷静に保っているようで、心の中では感情的になっていることが多いと思います。
気づくためのきっかけは、身近なところにあります。自分の中に閉じこもらず、第3者の意見を聴いてみるのも良いでしょう、自分の好きなことを考えることでもいいでしょう。
感情的になっているときは、どんな話も耳に入れることは、できなくなってしまいます。聴いている自分がいても、聴いているふりとなってしまっていることも多いです。己主張が強く、相手を見ることもありませんので、そうなる前に、冷静に対応できる自分を作っていけると良いでしょう。
(5)クラブ活動、趣味/運動について
クラブ活動や趣味、適度な運動は心身の健康を保つために大切なことです。
人の体は動くように作られています。その機能の働きがないと何かしらの身体や精神的症状が現れてきます。
好きなこと、集中すること、何か打ち込めるものを発見できると良いでしょう。
人間関係の結びつきを深めていくことにもつながります。話し相手ができ、相談できるようになると、ストレスも軽減していきます。しかし、話し合える場があったとしても「愚痴」ばかりで、それを慰めあう場でも問題は起こります。共感してもらうことは必要なのですが、自分のイメージを良くしたい場もあるでしょう、ほとんどがその場になってしまいがちです。一つの場でも良いので、お互いに向き合う場、向き合うことのできる場を作っておくことをお勧めします。
口を合わせることは誰でもできるのです。自分のマイナスイメージになることや、事実を話し合う場は近づきたくもないと思うかもしれません。しかし、第3者からの意見を聞くことも学びの一つでもあり、自分の成長過程でもありますし、何かに気づく、「きっかけ」があるかもしれません。それぞれの活動、趣味、適度な運動は、ストレスへの対応するため、またリラックスすることもあります。また脳の活性にも繋がり、呼吸などのバイタルを安定させることができます。

うつ病と過呼吸(過換気症候群)の体験談1
私は、うつ病の診断を受けました。不眠症状から、過呼吸が続き苦しい2年間でした。
対人恐怖、騒音恐怖などの恐怖症の症状もありました。ペーパーバック呼吸法で、対応していたのですが、悪化するばかりで、救急外来に意識喪失で搬送された事があります。意識を一時なくしたことで、一時的に記憶を失った事もあります。ペーパーバック呼吸法で対応できる場合と出来ない場合がある事を知りました。
対応の時、意識が薄れてきた状態を感じたら、ペーパーバックでは、対応できませんでした。状態をみて、対処した方が良いと思います。
私の場合、まず車中の後部座席で一時的に意識を失いました。病院につくと、体を揺すられ声かけで、意識がやや戻った状態です。体をさすってもらい、深呼吸のあとに、声を出すようにしていました。

過換気症候群になりやすい人(関わり方接し方)
過換気症候群(過呼吸)は、自分では覚えもなく気づかない職場や学校などの人間関係や適応環境によって些細なストレスの継続によって、誰もが症状として成りやすいものです。特に神経症的(神経質)な依存心の強い10代〜30代の女性と言われます。几帳面・神経質な人・心配症・ストレスを受けやすい人であって一人で考え込んでしまう人などです。また完璧主義でも過呼吸になる事もあるようです。しかし、男性にも女性と同じように、神経質や精神疾患(不安障害・不安感)で引き起こされることもあるようです。また、心因的ストレスにも関わりがあり、体質も関与しているようです。同じ状況でまた発作を繰り返すのではないかという強い不安感や上記にあるようにパニック症状(パニック発作)などの「予期不安」が発作の原因となるケース、ヒステリックになりやすいケース、身体的に、けいれん発作がおきるケースなどでも多くあるようです。また失神もあります。しかし、死に至る病気ではないので、発作のきっかけとなるストレス要因を見極めて取り除くことが有効です。薬物療法(抗不安薬や抗痙攣薬)による治療で改善することもあります。
また、めまいや宙に浮いたフワフワとする感じでも、知らず知らずに過換気症候群(過呼吸)を起こしている場合もあります。軽度の過換気症候群(軽度過呼吸)では、けいれんや発作などは見られません。周囲の関わり方接し方としては、まずは見守ってあげてください。また軽く「大丈夫」とか一言声をかけてあげる事でも良いかと思いますが、人によっては関わってもらいたくない方もいるかと思いますので、様子を見てあげる事が大切です。また一緒に話す事で過呼吸は治まる人もいます。あとは体調の変化で病院へ行っているかどうか確認し家族であれば病院へ、職場であれば上司と相談し病院へ行くか、休職するかなどを決める事も必要だと思います。。

過呼吸(過換気症候群)は何科に受診したらいいの?
一人で抱え込まず、心療内科や呼吸器内科、神経科や精神科で相談してください。また過呼吸を起こす要因には隠れた病気もあるかもしれませんので、循環器科なども。または、かかりつけ総合診療医に受診して相談されると良いです。かかりつけ医を見つけておけば、これまでの受診で観察状態を知っています。そうすることにより、紹介状の中でその状況も書いてもらえるので、最初から検査などする必要がなくなるという事です。早期発見には、かかりつけ医や総合医を見つけておくといいかもしれません。
(専門的機関を受診する場合、紹介状を書いてもらうと良いと思います)
精神を安定させる為の抗不安薬の薬物療法で改善していきます。過呼吸(過換気症候群)の薬は、抗不安薬または睡眠薬なども処方されることがあります。
処方薬については、医師によって変わりますが、自分には効果が無いという場合は主治医に伝えてください。
最近は先発剤だけでなく、後発剤ジェネリックの薬も多数あり、ジェネリックでは効果が薄い、効果が無い場合もありますので、ただ飲み続けるのではなく、自分の身体への作用にも注意が必要です。過呼吸症候群は、さまざまな精神疾患の症状で、引き起こさる症状であるということを理解しながら話し合いをしていきましょう。また、精神疾患以外に仕事や日常生活の中で、下記に書いているように「見逃される過呼吸」がありますので、これは心因性のストレスによるものもあります。しかしストレス性でありながらも不安障害になりませんので精神障害者になるのは困難だと思います。
 不安障害、精神障害は、トップページ

うつ病と過呼吸の体験談2
上記に書かれている予期不安によって、ある体験で、睡眠障害から、うつ病を発症しました。その中でも、一番苦しくなったのは、うつ病の症状で死への不安感。
その次に、過呼吸が繰り返されていたことです。最初は、呼吸をするとき、めまいや立ちくらみ程度でしたが、呼吸困難になりました。
うつ病と過呼吸の治療の末、うつ病は完治できませんが、過呼吸を起こす事は無くなりました。治療としては、催眠薬、抗不安薬、過呼吸がひどい時は、抗けいれん薬(発作)デパケン1日2錠(朝夕)を処方されていました。私の場合は、セロクエル日/8錠とロヒプノール日/1錠でした。私の身体にはジェネリック向精神薬クエチアピンと睡眠薬フルニトラゼパムでは効果があまりなかったことで、先発剤セロクエルとロヒプノールに戻してもらいました。
現在は過呼吸を起こすことがなくなり抗不安薬2錠と催眠薬1錠で睡眠前のみになっています。過呼吸を起こす時、何らかの不安障害が起きている場合があります。
考えてみれば、うつ病になる以前、知らず知らずに、過呼吸を起こしていたのだと思います。放っておいたことが、離婚と職場環境への不安感と重なってしまったような気がします。とにかく、焦らずに、ゆっくり主治医と相談をしながら、治療していく事をおすすめします。焦れば焦るほど、症状に苦しめられると思いますので、ゆっくり療養してください。

* 過呼吸(過換気症候群)は必ず治ります
過換気症候群では、クラブ活動や趣味/適度な運動をすると共に日常生活のリズムを整えると治るようです。

過呼吸チェック!軽度の気づかない見逃さる過呼吸
(軽度隠れ過換気症候群)気分変調症と関わりがあるかも
見逃される軽い過呼吸(過換気症候群)は自分では気づくことはないかもしれません。
 うつ病/原因・症状・対応/気分変調症
症状としては・・・・・・
めまい・立ちくらみ・全身倦怠感・疲労感・不安感・極軽度の呼吸不安定 など
(他:食欲不振、息切れ)
人によって、症状は異なりますが、上記の症状が共通しているかと思います。一般的に言われる過呼吸とは違って、呼吸困難・呼吸過多の様な目に見える発作的な症状はなく、上記の症状が数週間ほど継続して、仕事や日常生活に支障が見られます。
発作がなくても、上記のような症状がある場合は、精神科・心療内科・かかりつけの主治医に受診されると良いかと思います。
過呼吸の治療としては
抗不安薬の薬物療法、また自宅療養(休養)ということになる場合があります。また、言いずらいのですが、悪化傾向している場合は、休職となる場合もあるかと思います。薬物療法については様々な名前の処方薬があります。医師の判断によって変わりますので、効果が薄い効果が無い場合は主治医に伝えてください。仕事の職場では、いつも通りの仕事をしているようでも、上記の症状が1週間または2週間以上続くようであれば、まずは同僚にさりげなく自分の症状を話してみましょう。貴方の眼の動きや話し方(しゃべり方)で口を動かしている時、同僚の方が「ん?」と思えば、何か言葉をかけてくれるかもしれません。
職場の上司へも、何気なく伝わる場合もあるかと思いますし、その方が自然の流れで隠れ過呼吸かもしれないと気づくこともあるのでは。
あとは勇気を出して、上司へ話してから病院へ行くことも良いと思います。
職場環境で、もしも人間関係とかに問題がある場合は、有給休暇または休職をとって、病院へ受診をしてから報告をするのもいいのではないでしょうか。
職場環境の影響もあるかと思いますが、第一に考える事は自分の体調不調です。
体調不良が続いていけば、仕事内容にも影響を及ぼす可能性があり、周囲の目を気にしすぎて、知らず知らずに軽度ストレスから強度のストレスを感じて悪化させてしまう場合もあり、その場合は悪化すると目に見える呼吸不安定となります。
悪化を防ぐには、家族でも同僚でも「誰かに伝える」ことをおすすめします。
・過呼吸の治療薬(軽度過呼吸では抗不安薬・不眠がある場合は睡眠薬)
(過呼吸では主に抗不安薬・隠れた精神疾患がある場合は向精神薬が使用される、また睡眠障害で不眠が継続する場合は睡眠薬が処方される事もある)

過呼吸(過換気症候群)で不眠(睡眠障害)がある場合

不安障害や障害の分類に記されている精神障害(疾患)心因性ストレスによる気分障害(疲労感・不安感)の症状では、抑うつ感(気分変調性障害)・不安感・過換気症候群(過呼吸)・パニック症状(パニック発作)・恐怖感などが、人により心と身体に思ったり感じたりして症状として多様に発症する場合があります。また症状では自分では気づく事がないものもありますので注意してください。自分一人で考え込まず友人や知人また家族、また会社の職場などでも良い関わりがあり気軽に話せて信頼できる相手を見つけておくのも良いのではと思います。


自宅で簡単に性病(STD)検査キット 性病検査STDチェッカー


POINT−チェック
精神障害者は、障害があっても作業することで、人によってですが得意分野があり、その能力を認めることも大切なことだと思います。障害者の能力を理解し対応次第では、さまざまな企業・医療福祉分野などでその能力を発揮する可能性もあるのです。縁の下の力持ちにもある場合がありえます。
過換気症候群(過呼吸症候群・過呼吸)の障害年金について
過呼吸症候群は治療し完治するのが可能です。
休職はできるとしても、、障害年金は貰う事はできません。しかし、傷病手当などは可能な場合もあるようです。
障害年金をもらえるのは、不安障害や障害の概念に含まれる精神疾患(精神障害者)、身体障害者、知的障害者など。

 不安障害、精神障害は、トップページ

スポンサーサイト/ダウンロード情報
成約1件あたりの報酬1万円越えアフィリエイトASPのインフォカート
●情報商材ダウンロード商品検索



1002476002  copyright (C) 2012-2015 心のケア健康サポート情報 all rights reserved.
inserted by FC2 system