☆テレホンレディ☆初心者歓迎
パソコンや電話を使ったお仕事
最大時給8,000円以上可能
心身ともに健康ケアサポート不安障害精神障害
   出会いといえば、ワイワイシー
気軽なメル友から真剣な恋人探しまで

求人数約14万件の【ナースエージェント】
介護求人/医療福祉情報満載


心のケア健康ダウンロードプログラム
心のケア健康サポート情報
バイタルサイン基準値/SPO2/BMI
意識レベル/救命ABC/AED
■気分障害・不安障害・心身症と自律神経失調症とは

(精神医学で神経症は現在放棄されています)
心身症は子供がなりやすく、自律神経症失調症は子供から成人中高年高齢者まで幅広くなりやすく、心身症と自律神経失調症の症状は良く似ています。
心身症の身体面症状
血圧の激しい上昇下降、心拍数の増加(動悸)、呼吸の増加(呼吸数の増加)、しびれ感、めまい、のぼせ、頭痛、肩こり、倦怠感、疲労感、微熱など
心身症の精神面症状
無気力感、不安感、緊張感、怒り、いら立ち、焦燥感、不眠、抑うつ感、神経過敏、情緒不安定、意欲の低下、喜びなどの低下など
自律神経失調症の身体症状
動悸、めまい、冷汗、血圧が激しく上昇下降する、体の震え、立ちくらみ、耳鳴り、頭痛、微熱、吐き気、過呼吸、倦怠感、不眠症、生理不順、味覚障害など。更年期
自律神経失調症の精神症状
生理不順、対人恐怖、人間不信、うつ状態、不安感、イライラ、情緒不安定など
(下記の障害がある場合は心身症の診断から除外されます)

  L−心身症・自律神経失調症、詳細を見る


視力回復・緑内障回復プログラム
視力回復&脳活性プログラム「アイアップ!」
視力治らないワケ
視力回復3ミニッツわずか3分!自宅でできる視力回復法
緑内障5アプローチ自宅で出来る!緑内障改善プログラム

社会家庭内の身近な不安障害とストレス性精神障害(疾患)
 これからの少子高齢化時代に多くのや併害・障害が増加するかもしれません
不安障害に分類されうる病気とは
恐怖症性不安障害
@広場恐怖症
A社会恐怖症(社交不安障害)
B対人恐怖症(注:文化結合症候群)
Cその他(個別の恐怖症、特定の恐怖症/女性恐怖症:男性恐怖症ほか)
他の不安障害
@パニック障害
A過敏性腸症候群
B全般性不安障害混合性不安抑うつ障害
C強迫性障害(OCD)
D重度ストレス反応および適応障害
E心的外傷後ストレス障害(PTSD)
(*1、被害や災害に合われた方が成りうる障害)
F急性ストレス障害(*1)
G適応障害
●一般身体疾患による不安障害
●物質誘発性不安障害
●特定不能の不安障害
●統合失調症の場合ICD-10で分類されていますが症状によって多様に分析されています。
(不安障害ではなくDSM-W障害の分類で統合失調症と分類されています)
●DSM-W障害の概念では強迫性障害(OCD)が不安障害に分類されています。

不安障害の場合は障害の状況の程度によって休職する事が出来ますが上司とまず相談し会社側と良く話し合いをすると良いかと思います。また休職期間は会社によって違いがありますので話し合いの中で確認をしましょう。休職短期間では2カ月から状況に応じて長期間では1年、それ以降は解雇される場合があります。

症状での休職はストレス軽い過呼吸や症状の状況で休職が可能な場合があります
休職期間後、完治しない場合は、傷病手当1年6か月、精神障害者となると、国民年金の場合は障害者基礎年金、厚生年金の場合は障害者厚生年金の受給資格があります。
しかし、障害者の等級によって受給出来ない場合があります。
(1、2、3等級では受給資格があります。1、2等級では国民年金は全額免除で申請する必要はありませんが、3等級では国民年金が免除制度はありますが申請しなければなりません、半額免除・全額免除)

DSM-Wの障害の概念について (16の障害の概念が含まれています)
@幼児期から青年期に初めて診断される障害
(精神遅滞、学習障害、運動機能障害、コミュニケーション障害、広汎性発達障害、注意欠陥および破壊的行動障害、幼児期または小児期早期の哺育・摂食障害、チック障害、排泄障害、幼児期・小児期・青年期の他の障害)
Aせん妄・痴呆・健忘性障害および他の認知障害
(せん妄、痴呆・認知症、健忘性障害)
B一般身体疾患による精神障害
(急性外因反応型、内分泌精神症候群、脳器質性精神症候群)WIKI事典
C物質関連障害
(アルコール関連障害、アンフェタミン関連障害、カフェイン関連障害、大麻関連障害、カイン関連障害、幻覚剤関連障害、吸入剤関連障害、ニコチン関連障害、アヘン関連障害、フェンシクリジン関連障害、鎮静剤催眠剤抗不安薬関連障害、多物質関連障害)
D統合失調症および他の精神病性障害
(統合失調症・精神分裂病、失調感情障害・非定型精神病、妄想性障害、短期精神病性障害共有精神病性障害、一般身体疾患による精神病性障害、物質誘発性精神病性障害
E気分障害 (うつ病など/双極性障害・躁うつ病/大うつ病性障害・うつ病)
(*2被害や災害に合われた方が成りうる障害)
F不安障害 (*2、抑うつ、PTSD心的外傷後ストレス障害)
(パニック障害、強迫性障害OCD、広場恐怖、社会恐怖、対人恐怖症、強迫性障害、急性ストレス障害、全般性不安障害、一般身体疾患による不安障害)
G身体表現性障害
(身体化障害・転換性障害・疼痛性障害・心気症・身体醜形障害など)
H虚偽性障害 (嘘偽り詐欺)
I解離性障害
(解離性健忘、解離性とん走、解離性同一性障害、離人症性障害)(多重人格障害)
J性障害および性同一性障害(性機能不全、性嗜好異常、性同一性障害)
K摂食障害(神経性無食欲症・拒食症AN/神経性大食症・過食症BN)
L睡眠障害(入眠困難、中途覚醒、早朝覚醒、熟眠障害)
M他のどれにも分類されない衝動制御の障害
(間歇性爆発性障害/窃盗症/病的賭博/放火症/抜毛症)
N適応障害
Oパーソナリティ障害
(*人格障害)*人格に偏りや異常があり周囲に迷惑をかけたり危害を加えたり自分自身を苦しめたりして社会生活に支障をきたす障害。
*妄想性・スキゾイド・統合失調質・統合失調型人格障害・反社会性人格障害・境界性人格障害・演技性人格障害・自己愛性人格障害・回避性(不安性)人格障害・依存性人格障害・強迫性人格障害・他、特定不能のパーソナリティー障害がある。

心のケアサポートNo1/不安障害者/精神障害者/関わり方と接し方
まず精神障害者は障害があっても作業することで人によってですが得意分野があり、その能力を認めることも大切なことだと思います。うつ病や統合失調症や適応障害、PTSDなど不安障害を抱えていても体調次第で社会復帰できると思います。障害者の能力を理解し対応次第では、さまざまな企業・医療福祉分野などの職場(仕事:パソコンや軽作業)でその能力を発揮する可能性もあるのです。お忘れなく。また精神障害者である事を理解してあげてください。パワーハラスメント(いじめ)や精神障害者にストレスになるような事(言動や態度)は避けてください。理解できないというのではなく、精神障害者を理解する努力が必要です。理解できないのであれば誰かしら(上司や理解している方)に相談をして理解する態度を取るべきと思います。

心のケアサポートNo.2/不安障害者/精神障害者/関わり方と接し方
不安障害は生育環境・成長段階・日常の生活習慣や環境・社会的環境(会社や職場)などで、人により様々な体験による心因性ストレスによる原因と症状があります。不安障害には良く似た原因や症状が重なる場合があります。一人だけの医師の診断では曖昧な病名になったり、症状に対してだけの病名(診断名)になる場合があり、的確な診断の為にも専門的医療機関に紹介状を書いてもらい受診される事をオススメします。ま不安障害や障害の分類に記されている精神障害(疾患)心因性ストレスによる気分障害(疲労感・不安感)の症状では、抑うつ感(気分変調性障害)・不安感・過換気症候群(過呼吸)・パニック症状(パニック発作)・恐怖感などが、人により心と身体に思ったり感じたりして症状として多様に発症する場合がある事を理解してあげて下さい。
また症状では自分では気づく事がないものもありますので注意してください。
障害者の場合は、自分一人で考え込まず友人や知人また家族、また会社の職場などでも良い関わりがあり気軽に話せて信頼できる相手を見つけておくのも良いのではと思います。会社関係者、家族、友人などでは、自分では当たり前の事と思って軽はずみな言葉を声をかけないでください。一般の子供から高齢者までの方、精神障害者他においても同じ事だと思います。
関わり方や接し方、付き合い方は、相手を追い詰めてしまうような雰囲気をつくり出さないでください。相手を理解し思いやり、傷つけない事を心がける事が大切です。
貴方は知らず知らずに言葉や態度で相手を傷つけている事があります。

  L−うつ病(精神障害者)より詳細参照
 (精神・身体・知的障害者他でも同じ)
・気づかいもなく音を叩く  ・寝ている頭の上を歩く
・調子が良いと思い声をかける
・病気が治ってると思う(・特に、恩返しを求めるような態度)
・「○○病は理解できない」  ・「○○病は誰でも持っている」
・「早く動きなさい」  ・「もう、イライラする」
自宅で簡単に性病(STD)検査キット

性病検査STDチェッカー

心と体に大切もの
バイタルサインとはKT/P/R/BP



ダウンロード販売と人と人をつなぐコミュニティ・コマースのインフォカート
ダウンロード販売と人と人をつなぐコミュニティ・コマースのインフォカート


虐待特命掲示板


1002476002  copyright (C) 2012-2015 心のケア健康ヘルプサポート記録  all rights reserved. 
inserted by FC2 system